カラス駆除を天敵を使って行う

カラス駆除は、始める時期がとても重要になります。


巣をつくり子育てを始めてしまったら、どんなに追い払っても戻ってくる可能性が高くなってしまいます。

春になる前に対応する必要があり、追い払うだけでなく棲みつくのに危険な場所だとわからせることができれば、頭がいいカラスは安心して巣をつくれる場所を求めて移動していきます。


カラス駆除のためのアイテムはたくさん販売されていますが、直接危害を加えることがないものに対しては、警戒しながらも慣れてしまう可能性があります。



超音波や忌避剤、水の噴射もある程度体に影響を与えるものですがそれほど害になるものではありません。天敵ともいえる、鷹によるカラス駆除が実施されるようになってきました。

T-SITEの情報検索をお役立てください。

日本では伝統的に鷹を操る鷹匠がおり、きちんと訓練されているため、人に危害を加えることはなく、害鳥を追い払うのに適しています。
何度か鷹を飛ばさないと、カラスに危機意識を持たせることができません。

同じ時間帯に鷹を飛ばすと、それ以外の時間に戻ってくるくる可能性があるので、時間帯をランダムにして飛ばしてもらうのが良いでしょう。一度いなくなっても、他から知らないカラスが移り住んでくることも考えられますから、姿が見えなくても飛ばしてもらったり、数か月の間隔ごとに鷹匠に来てもらうような契約をしておくと便利です。

近くに森があったり高いビルがあるなど隠れやすい環境の地域は、なかなかいなくなりにくいので回数を多めに依頼すると安心です。